Thursday, 9 February 2017

目次

[第1章]国民投票とは何か
制度の説明、選挙との違い
中世ヨーロッパの直接民主制の歴史
スイス、イタリアを中心に各国の制度(ルール)について解説

[第2章]世界の国民投票 実施一覧と統計グラフ

諸外国で実際に行われた2500件以上の国民投票のうち700件あまりを、投票に付されたテーマ、投票率、賛否の%、投票結果、備考などを添えて時系列で紹介する。
さらに、実施された全ての国民投票について、年別のグラフ、テーマ別のグラフ、国別のグラフなどを掲載し、その解説を行う。

[第3章]興味深い国民投票の事例

[1]共和政か王政か/イタリア
[2]植民地から独立国へ/ギニア、セネガルなど17カ国
[3]独裁政権の承認/チリ
[4]妊娠中絶/スイス、アイルランド
[5]離婚の合法化/イタリア、アイルランド
[6]同性婚/スロバキア、アイルランド、スロベニア
[7]原子力発電所/スイス、スウェーデン、イタリア
[8]アルコール政策/ニュージーランド
[9]軍隊の廃止/スイス
[10]国歌、国旗/オーストラリア
[11]移民/スイス、ハンガリー

[第4章]現場取材をした実施事例の紹介

[1]ソ連からの離脱・独立/エストニア、ラトヴィア、リトアニア
[2]ソ連邦を解体するか否か/ソ連
[3]社会主義をやめて資本主義へ/ロシア
[4]性犯罪者に関わる刑法改正/スイス
[5]EU憲法条約の批准/フランス
[6]日本製の原発建設/リトアニア
[7]イギリスからの離脱・独立/スコットランド
[8]EUからの離脱/イギリス


[第5章]ドイツ・ヴァイマル共和制下での2つの国民投票
アドルフ・ヒトラーが仕掛けた5つの「国民投票」

[1]前皇帝の私有財産没収の是非を問う国民投票
[2]賠償金支払いに関するヤング案の対抗案の是非を問う
勢いづくヒトラーとナチ党
国会議事堂炎上で非常事態に突入
全権委任法(授権法)の制定とヴァイマル共和政の死滅
ユダヤ人への迫害を公然化
国民投票法の改正
[3]ヒトラーが仕掛けた「国民投票」 
➀国際連盟脱退に関する「国民投票」
②ヒトラーの総統就任に関する「国民投票」
ユダヤ人の公民権を奪う
③ラインラント進駐に関する「国民投票」
ベルリンオリンピック開催を経てオーストリア併合へ
④ ⑤ドイツ・オーストリア合邦の是非を問う「国民投票」
異常なまでに高い投票率・賛成率の理由
テロで脅し、宣伝で躍らせる
ヒトラー時代の「国民投票」についての再確認 

[第6章]9条国民投票──実施に際しての留意点

・政府、与党は近い将来「緊急事態条項」あるいは「9条」改憲の是非を問う国民投票の発議を視野に入れている。いよいよ、日本国民が国家意思の決定に直接かかわる機会が迫って来たが、どういう結果を生むにせよ、水準の高い良質の国民投票をやるには、以下の3つは欠かせない。
➀ 案件に関する十分な情報公開がなされること
② 本質的なことを争点にした国民的議論がなされること
③ 国民投票の真っ当なルール設定を行うこと
 この3つについて、諸外国の事例も紹介しつつ具体的に解説する
・96条に基づく正規の憲法改正国民投票を実施する前に、「予備的国民投票」を実施すべし。自民党9条改正案 × 市民(新9条)案 × 現行9条の3択で。

・国民投票、直接民主制を嫌い否定する日本の「リベラル」「民主勢力」。それは、欧米のリベラル勢力とはまるで違う。鶴見俊輔、日高六郎らの真っ当な考えを紹介しつつ、自称リベラルの姿勢を批判する。

Tuesday, 3 January 2017

国民投票の総てHPが完成しました。アクセスしてみてください。


HP http://allref.info/


2017年1月3日

みなさま、明けましておめでとうございます。
きょうは七十二候・冬至の末候。「雪下出麦」(ゆきくだりてむぎのびる)。

極寒の中、麦は芽を出す準備をしていますが、澱み、濁りが極まったこの国は再生の気配なし。政治権力の批判に終始し、その権力を間接民主制によって生み出している主権者・国民への批判を控えるようでは、真の国民主権、市民自治の芽は育まれないでしょう。国民を主権者扱いしない(愚民だとして信じず責任も問わない)人々の罪は重い。

そんな思いを募らせながら、こんなプロジェクトを37人の仲間で起こしました。出版業界からは「ドン・キホーテだ」という陰口。望むところです。人が未踏の営みに挑むとき、周りが「異端」扱いするのは世の常ですから。

「このプロジェクトは本作り過程の民主化の実験であり、本の内容をなす国民主権の再生という理念とも合致しています」(制作・普及委員会のメンバー、井上達夫・東京大学大学院教授)

「国民投票は日本国民がデモクラシーという集団的自律を生きるために、何らかの争点について早晩引き受けるべき、一つの歴史的試練だと思います。当然国民はまず、国民投票とは何なのか、どうすれば公正な条件で実施できるのかを知る必要があります」(同、堀茂樹・慶應義塾大学教授)

上記の通り、井上達夫氏、堀茂樹氏といった本物のリベラリストも私たちの仲間。

このウェブサイトを御一読の上、もしプロジェクトに御賛同いただけるようでしたら、ぜひお力添えください。

『国民投票の総て』制作クラウドファンディングはこちら

Wednesday, 21 December 2016

クラウドファンディング スタート!


クラウドファンディングによる支援者の募集をスタートいたしました。
キャンペーンは3月10日までとなっております。

https://camp-fire.jp/projects/view/15563

私たちは出版社を通さずに、この本を制作しておりますので、SNSで広めてくださるだけでも広報となり、とても大きな力になります。

ご支援どうぞよろしくお願いいたします。




Sunday, 18 December 2016

『国民投票の総て』制作・普及委員会

『国民投票の総て』制作・普及委員会

浅野信生/麻生 隆/新井健二/有友正本/伊勢崎賢治/伊藤千恵/
井上達夫/今井 一/今村明子/浮田 哲/大音智史/大芝健太郎/
大嶽貴恵/川上隆広/草場隆好/小島利恵/坂下佳奈/笹井明子/
佐々木重人/佐藤奈穏美/白井和宏/杉山悦代/住友達也/高橋裕行/
田島泰彦/土谷多恵子/鳥海幸恵/並河秀憲/南部義典/西口芳美/
堀 茂樹/松田昭男/水口和恵/宮岸昌史/宮本正樹/村上 稔/
村西俊雄/

2016年12月30日 更新

Friday, 9 December 2016

一覧に載せるテーマを選別しています。

『国民投票の総て』。懸命に本づくりを進めています。このひと月は、2000件を超す世界の国民投票の一覧表作成に集中。添付写真のように、1件ずつ丹念にテーマや結果の確認作業を重ねています。資料を読んでも、いったい何が問われたのかよくわからないのがけっこうあって、文献に当たったりネットで検索したり専門家に訊いたりして突きとめています。



Wednesday, 7 December 2016



「クラウドファンディング」へのお誘い
「国民投票」に関する世界水準の本を作りたい!

禁酒、原発、軍隊、憲法、EU、移民、同性婚 …… 世界では、様々なテーマで2400件以上も行われている国民投票ですが、日本ではゼロ。建国以来、一度も行われたことがありません。なので、その理念やルール、諸外国の実施事例などをきちんと知っている日本国民はごく少数。そういった「未経験」「知識不足」の中で、近い将来、日本初の国民投票が実施されようとしています。多くの人が国民投票について理解し、それを賢く活用できるように、具体的で分かりやすい、水準の高い一冊を出版社に託さずに自主制作します。そして、その本を既存の出版流通機構を通さず、市民の協力を得て全国に広げたいと考えています。

◆ご挨拶
 こんにちは!私たちは『国民投票の総(すべ)て』制作委員会です。メンバーは30人。主婦、弁護士、会社員、大学教員、自治体議員、劇場経営者、アーティストなど各人の職業はいろいろです。共通しているのは、国民主権、市民自治をより豊かなものにするために、国民投票、住民投票といった直接民主制を活用したほうがいいと考えていること。そして、その入門書、参考書として『国民投票の総(すべ)て』という本を作り、多くの人に読んでもらいたいと思っていることです。

◆このプロジェクトで実現したいこと
 諸外国では国民投票で様々な重要なことが決められています。イギリスやフランス、オランダなどでは「EU」に関することで、スイス、イタリア、スウェーデンでは「原発」や「憲法」など。スイスは他にも「徴兵制」や「移民政策」「試験管ベイビー」など多岐にわたるテーマで実施されており、スコットランドでは憲法が禁じる「離婚」、アイルランドでは「同性婚」の是非などについて国民投票が行われています。しかし、日本でそのことについて知っている人はほとんどいません。制作予定の本では、過去300年の間に世界中で行われた2400件以上の国民投票の中から約700件の事例を一覧表にしたうえで、30件ほどについてはやや詳細に紹介しています。そして、スイス、ソ連、ロシア、バルト3国、イギリス、フランスなど十数件については、執筆者(今井一、大芝健太郎)の現場取材を基に、現場で得た投票用紙、ポスター、撮影した写真なども盛り込みながら、その経緯や実態をかなり具体的に紹介し、解説しています。

◆プロジェクトをやろうと思った理由
 日本では[国民投票]というと「衆愚政治をもたらす」とか「議会制民主主義の否定だ」などと言う人が少なくありませんが、各国で行われている国民投票が実際にどう運用されてきたのか、それを国民がどう受け止めてきたのかについては知られていません。各国の膨大な実施事例を知ることは、近い将来、国民投票を経験する私たち日本人の糧にものと確信しています。
 それから、なぜ出版社に託さない自主制作の道を選んだかについて説明します。今回制作する本の最終章では実現可能性が高まりつつある「9条・国民投票」について解説しています。水準の高い国民投票にするためには、賛否両派が案件について本質的な議論をしなければならないのですが、これまでそれを避けてきた護憲・改憲両派に対して遠慮のない批判を展開しています。そういう点については、出版社に託すと刊行の条件として護憲派あるいは改憲派への「気遣い」など記述に制限を加えてくることが多々あります。私たちは、政府はもちろんどこに対しても誰に対しても、一切遠慮せず、自粛も委縮もしない本に仕上げたいと考え、自主制作に踏み切りました。

◆「クラウドファンディング」のリターンについて
3,000円
お礼の手紙「国民投票の総て」(1冊2000円)2冊
5,000円
お礼の手紙「国民投票の総て」(1冊2000円)2冊
[国民投票/住民投票]情報室 サイト会員ページ閲覧権(1年間有効)
6,000円
お礼の手紙「国民投票の総て」(1冊2000円)4冊(うちサイン入り1冊)
10,000円
お礼の手紙「国民投票の総て」(1冊2000円)7冊(うちサイン入り3冊)
10,000円
お礼の手紙「国民投票の総て」(1冊2000円)3冊(うちサイン入り1冊)
出版記念パーティー(東京、大阪もしくは名古屋)無料ご招待

本は2017年5月に仕上がる予定です。出来次第郵便や、宅配便などでお届けします。基本的に2冊以上でお送りするのは(既存の流通システムに乗せないため)届いた本をほかの方に買っていただく、あるいはプレゼントするといった形で、お仲間やご友人に薦め、「読者」を増やしていただきたいからです。

◆最後に
間接民主制においては、議員や首長などプロの政治家でも、時折間違った判断・決定をすることがあります。私たちも、人や政党を選ぶ選挙で愚かな投票をしてしまうことがありますよね。人は誰しも無謬ではありません。
間接民主制につきまとう問題点は、主権者である国民の多数意思と政府や議会の意思にねじれが生じた際、民意を無視して政治を行う傾向があることです。間接民主制は温存しつつ、特に大事なことは私たち主権者が国民投票で直接決めなければ、国民主権は形骸化し議会主権、政府主権となってしまいます。国民が主権者としての自覚を強め、今から国民投票について積極的に学び、これを活用する準備を整えることによって、国民投票という制度を賢く使いこなすことができます。諸外国の実施事例を知るところから初め、自分たちの、日本の国民投票というものを考え生み出していきましょう。

振込先は下記の通りです。手数料を引いた金額でお振込みください。
三菱東京UFJ銀行 東大阪支店
(普通) 1355400 [国民投票/住民投票]情報室
(コクミントウヒヨウジユウミントウヒヨウ ジヨウホウシツ)

『国民投票の総て』制作・普及委員会
Eメール:p.c.allref@gmail.com

Tuesday, 29 November 2016

「国民投票の総て」 目次




[1]国民投票とは何か
制度の説明、選挙との違い
中世ヨーロッパの直接民主制の歴史
スイス、イタリアを中心に各国の制度(ルール)について解説

[2]世界の国民投票 実施一覧
1793年にモナコで実施された「フランスとの同盟の是非」を問う国民投票以降、諸外国で実際に行われた2482件の国民投票のうち700件あまり(約3割)を、投票に付されたテーマ、投票率、賛否の%、投票結果、備考などを添えて時系列で紹介








[3]興味深い国民投票の事例(33件)
 フランス(5件)ナポレオン時代の国民投票、EU関連の国民投票など
イタリア(4件)共和政か王政か。原発再稼働。憲法改正など
ドイツ(2件)ヒトラーが国家元首の地位に就くこと、オーストリアの併合
オーストリア ドイツ帝国への加盟
アイルランド(3件)離婚。人口中絶など
北アイルランド(イギリスからの離脱・独立)
スウェーデン(2件) 禁酒。原発の3択国民投票 
スイス(8件)ユダヤ人の居住権。軍隊廃止。脱原発。移民。ベーシックインカムなど
オーストラリア 英連邦からの離脱
ニュージーランド(2件)国旗。アルコール政策。   
ハンガリー(2件) 移民政策
チリ(2件) 独裁政権の承認 教育の無償化
etc.


[4] 現場取材をした実施事例の紹介
エストニア、ラトヴィア、リトアニア(ソ連からの離脱・独立)
ソ連 (ソ連邦をやめるか否か)
ロシア(社会主義をやめて資本主義へ)
スイス(性犯罪者に関わる刑法改正)
フランス(EU憲法条約批准)
リトアニア(日本製の原発建設)
ブルガリア(エネルギー政策) 
スコットランド(イギリスからの離脱・独立)
イギリス(EU離脱)

[5]9条国民投票──実施に際しての留意点
・政府、与党は近い将来「緊急事態条項」あるいは「9条」改正の国民投票の発議を視野に入れている。いよいよ、日本国民が国家意思の決定に直接かかわる機会が迫って来たが、どういう結果を生むにせよ、水準の高い良質の国民投票をやるには、以下の3つは欠かせない。
① 案件に関する十分な情報公開がなされること
② 本質的なことを争点にした国民的議論がなされること
③ 国民投票の真っ当なルール設定を行うこと
この3つについて、諸外国の事例も紹介しつつ具体的に解説する

・96条に基づく正規の憲法改正国民投票を実施する前に、「予備的国民投票」を実施すべし。自民党9条改正案 × 市民(新9条)案 × 現行9条の3択で

・国民投票、直接民主制を嫌い否定する日本の「リベラル」「民主勢力」。それは、欧米のリベラル勢力とはまるで違う。鶴見俊輔、日高六郎らの真っ当な考えを紹介しつつ、自称リベラルの姿勢を批判する。